JBossの本

JBoss入門 オープンソース Java・EJB

 
JBossを利用した開発者は、もちろんJ2EEアプリケーション開発者にも役に立つ一冊
さすがneverbirdプロジェクトのmikiさんの本。J2EEの使用の解説からJBossの内部についてまで広い範囲で端的に説明されている。

ENC(環境名前コンテキスト)の解説、XDocletを利用したJ2EEアプリケーションの開発方法、トランザクションの管理についてCMPコミットオプション、セキュリティ管理ではプリンシパルとロールの解説、さらにはJ2EEアプリケーションで役に立つデザインパターン、JBoss実装の話ではJBossのMBeanとJMXコンソールについて詳しい説明がありJBossを利用した開発者は、もちろんJ2EEアプリケーション開発者にも役に立つ一冊。
 
J2EEの一般的解説とJBossの話がうまく織り交ぜられている
J2EEの一般的解説と、その実装であるJBossの話がうまく織り交ぜられていて読みやすく、理解もしやすい。これからJ2EEを使おうとしている読者にも、他のJ2EE実装を知った上でJBossを使おうとしている読者にもおすすめできる。私にとっては、JBoss内部の実装について書いてある内容が非常に有益だった。
 
わかりやすい
JBossを使ってみたい人には、これで十分。
EJBの概要も書いてありますが、物足りないと思います。
EJBの概念を把握するため、「Mastering Enterprise JavaBeans」のような本を読んだ方がいいと思います。

例の図書館システムを作りながら、JBoss・EJB・Ant・XDocletの勉強ができます。
しかし、誤記が多すぎます。訂正は、その本のホームページで記述されていますが、実際にもっとあります!
出版する前に、ちゃんとチェックしてほしい。

CDに入っているソースも修正されましたので、技術評論社のホームページをぜひ参照してください。
 
私自身の能力不足かもしれませんが 正直な感想です。
ejbを苦労しながらマスターした方がその理解した過程を自分の記憶の整理のために
覚え書きとして纏めたものから更に抜粋したもの というような印象の書物だと思います。
また、webで公開されている第一刷正誤表にあるような誤りが他にも沢山あるのではないかと思います。
「断片的」「唐突」「混乱」「疑念」という印象が常についてまわりました。
ejbの経験がある方が見れば「入門書としては盛りだくさんでツボをおさえてるな」という印象をもたれる方が中には
いるかもしれません。
しかし、サーブレットやJSPをある程度経験し、次はEJBを始めて勉強したいと思っている方に対しては
かなりの精神力を必要とする入門書だと思います。

本書で一通り学習し、その後であらためて本書の「はじめに」の「謝辞」を見て個人的に納得。
最初はどうであれ、混乱の中で途中から 「とにかく期限までに本を出版すること」が目的になってしまったのではないでしょうか?

入門者とは、ただでさえ「不安」だったり「手探り」だったりするものです。
入門者の立場に立った入門書の製作を期待します。
扱う対象が対象なのでしょうがないことかもしれませんが
「jboss入門書」or「jbossを使ったejb入門書」or「ejb入門書」どれなのか
コンセプトがあいまいな気もします。
 
JBoss入門にはとっておきの良書
最近すごいですね。
JBossの力。

JBossってなあに?
って方にもおすすめな入門書です。
JMXとはなんぞや?
Microカーネルってなあに?って方にもオススメの良書です。
JBossを専門に扱った本は少ないですが
これは、全体的に網羅されていて、おすすめなレベルになっています。

あ、ちなみに最新版のJBossはコードネームがZionなので
ガンダムファンとしてはそそられます♪
 
JBoss入門 オープンソース Java・EJB
タイトル:JBoss入門 オープンソース Java・EJB
定価:\4,074
発売日:2003/06/13
著者:皆本 房幸
出版社:技術評論社
形態:単行本
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 07:47:16 時点のものです。

スポンサード リンク

JBossの本

Javaフレームワーク・ツール特集

Java初心者のための入門書

その他 Java 関連




Javaによるシステム開発などSEに役立つ本の特集
in association with amazon.co.jp