Javaネットワークプログラミングの本

Javaネットワークプログラミング

 
Javaでネットワークを勉強するなら、
この本一冊で充分だと思います。
ソケットの部分が記載されていて非常にわかり易かったです。
スレッドについても他の書籍より詳しく載っていました。
 
より具体的な、JavaでのLANソフト技術ならばこの1冊!
JavaでLAN間接続した相手同士で通信を行う際の、基本を実際のプログラム例(簡易対戦ゲーム)を挙げながら、さらりと解説し、読者を無理無く導入している。
自宅にLANがあれば、早速実験してみれる内容となっている。
とにかくやってみる事が、Javaでの通信技術の習得の早道であろう!
そんなときこの本が役に立つ!
 
ネットワークが実感できました
○×ゲーム、チャット、爆弾ゲームを題材にソケットを利用したサーバーと複数クライアントとのやりとりの違いを体感的に理解できるので、楽しく学ぶことができました。 ただ、残念なのは識別子の大文字・小文字の使い方が一般的に定義されている規約通りではないので読みづらかった。
 
Javaで作ってはいますが・・・
内容の大部分がプログラムのソースとその解説です。
Javaで作ってはいますが、プログラムはC言語のソースをそのまま移植したという感じで、
オブジェクト指向的な作りにはなっていません。
プログラムも全部で3つと値段の割には少ない気がします。
 
Javaネットワークプログラミング
タイトル:Javaネットワークプログラミング
定価:\2,625
発売日:2003/12
著者:幸村 剛樹
出版社:秀和システム
形態:単行本
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 07:47:18 時点のものです。

スポンサード リンク

Javaネットワークプログラミングの本

Javaフレームワーク・ツール特集

Java初心者のための入門書

その他 Java 関連




Javaによるシステム開発などSEに役立つ本の特集
in association with amazon.co.jp