J2EEの本

論より現場のJ2EE入門 (DB Magazine SELECTION)

 
かなりのスピードで読めます
掲示版のアプリケーションを、ServletとJavaBeanの組み合わせ、JavaBeanを利用、EJB(SessionBean、Entity Bean(CMP,BMP))を利用して、順次作って行きます。あと、Entity Beanのトランザクション管理の話題、Message−Driven Beanの紹介等です。

雑誌の連載だったためか、説明も丁寧というよりは、ポイント部分だけ、という感じです。
本当に、動かすのに必要な最低限の知識+αレベルです。
そのかわり、書いてあることは、わかりやすいこともあり、かなりのスピードで読めます。

設定ファイル、ソース等も、すべて本にのっているわけではないので、本だけで、理解するのは、ちょっと難しいです。実際に、手を動かしてみることが必要になってくると思います。

「J2EEってこんなもんだろうな!」ぐらいのある程度の知識があって、読む本である印象です。
 
バグだらけだよ
この本は読み物としてはいいのですが、まともに本に書いてあることを
そのまま実行してもプログラムは動かないです。
初心者にはかなり注意が必要です。
 
メールでもフォローアップも…
〜ちょっと厚めの本でしたが、サンプルコードを追っての説明が気に入って購入しました。
環境の構築からサンプルコードの実行まで手順に沿って書かれているので初心者やこれからJ2EEを勉強したい人には解りやすいと思います。
〜〜
環境構築やサンプルコードの実行では自分の使っている環境に依存する問題やサンプルコードのバグも少しありましたが、編集部を通じてメールをすると著者から丁寧なメールが届いてフォローアップしてもらえました。〜
 
少なくともある程度のJ2EE知識は必要
目次に書いてあるキーワードの知識がある程度あって、読むといいと思います。
 
悪くはないけど…
皆が知りたいJ2EE。

そもそもが表面的な理解ではついていけないといわれるJ2EE。

ソースも載っているし、ユースケース図を含む概念図も
各項目ごとに丁寧に載っている。
「フレームワークを理解することが大事」というのなら、
持ち歩いて正解な本だと思う……が、気をつけたいのは、
タイトルの『入門』の名に騙されて、「よし、今日からやってみようかな…」
とやろうとするとちょっと違うかなという感じ。
必要ソフトのインストール部分の解説が、肝心なところで省略してあったり(Oracleのインストールとか)で、
微妙に「これくらいは 自分でやってね」と肩すかしを喰らうような解説だ。

とはいえ、これだけの手頃なサイズで諸処のサービスを比較解説してくれているのは、有り難いかもしれない。
他解説本に比べると若干割安ではあるし。

というわけで星3つです。
 
論より現場のJ2EE入門 (DB Magazine SELECTION)
タイトル:論より現場のJ2EE入門 (DB Magazine SELECTION)
定価:\2,520
販売価格:\2,520
発売日:2004/02/24
著者:(株)サンブリッジテクノロジーズ
出版社:翔泳社
形態:単行本
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 07:47:16 時点のものです。

スポンサード リンク

J2EEの本

Javaフレームワーク・ツール特集

Java初心者のための入門書

その他 Java 関連




Javaによるシステム開発などSEに役立つ本の特集
in association with amazon.co.jp