JavaでWebサービスの本

Java Webサービス

 
Web技術とJavaについて知ることが出来る
SOAPとWSDLとUDDIなどのWebサービス技術の基礎をJavaでにて実装する場合について、くわしいコードつきで紹介されている。

J2EEとWebサービス、SOAPとJ2EEの統合など、たとえ、今、実際にコードは書かなくとも知っておきたい(技術者としては知らなくてはならない)ことがらが、丁寧に解説・紹介されている貴重な一冊なのでみなさんに推薦する。また、「読みやすい」ところがすばらしいと思った。著者は18年間もソフトウェアの開発とインフラの構築に携わってきたそうである。実践的な重みが随所に感じられた理由はきっとそこにあったのだろう。
 
わかりにくい。訳し方の問題?
Webサービスの学習用に購入したが、あまり役に立たなかった。

Webサービスに関連する個々の技術要素ついて、別々に説明されているが
個々の技術要素の「つながり」が見えてこない。Webサービスを構成する各技術要素について、「つながり」を持った説明を期待していたが、それがあまりなく、期待外れだった。



 
Java Webサービス
タイトル:Java Webサービス
定価:\3,150
発売日:2002/10
著者:David A.Chappell, Tyler Jewell, テクノロジックアート, 長瀬 嘉秀
出版社:オライリー・ジャパン
形態:単行本
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 07:47:18 時点のものです。

スポンサード リンク

JavaでWebサービスの本

Javaフレームワーク・ツール特集

Java初心者のための入門書

その他 Java 関連




Javaによるシステム開発などSEに役立つ本の特集
in association with amazon.co.jp