TOMCATの本

Javaオープンソース徹底攻略―Eclipse,JBoss,Tomcat,Strutsから最新のXML/WebServicesまで

 
話題最先端のホットなオープンソースプロダクトを一望できるすばらしい本
Eclipse, JBoss, Tomcat, Strutsから最新のXML/WebServicesまでを一望できる すばらしい本です。中でも 今特にホットで最新な話題であるO-Rマッピングツールを取り上げている点は特筆に値します。
また、現在 EclipseやJBossにまつわる情報が世間的に不足気味なので、このタイミングで、しかも雑誌ではなく書籍という形で出版される事は大変に意義深いです。
現在 Java系開発において、このようなオープンソースを組み合わせてシステムを構築する事がとても多いですが、このような 一冊にまとまった本が出される事により 新規参入の障壁が少なくなっていく事を祈ります。

ちなみに、紙質や本文のレイアウトなどは きわめて書籍的な作りになっているので、Java系雑誌および雑誌っぽい書籍になれた人にとっては 少し違和感があるかも知れません。
 
EclipseでWebアプリケーション開発するなら間違いなく購入
これからEclipseでWebアプリケーション開発をするという開発者なら、迷わず買いだ。

現在のWebアプリケーション開発に必要な技術が網羅されており、解説も丁寧。Eclipseプラグインも使いやすくなるようにパッチをあてたものが用意されており、簡単にEclipseのWebアプリケーション開発環境が手に入る。よく聞くオープンソースプロダクトだけでなく、これから注目されるだろうプロダクトについても幅広く知ることができるのも良い。ただし、すでにWebアプリケーション開発をしてきた人にとっては、解説内容はもの足りないかもしれない。

しかし、注目すべき技術とオープンソースプロダクトについてこれだけ網羅した書籍は他には見あたらない。値段を考えたら買っても損はないはずだ。
 
オープンソースで、こんなことができるんだ
?Eclipse, J-Boss, Tomcat , MySQLでDBとの連携するWebアプリケーションを作る
?CSV,JUnitの利用
?Strutsを利用したWebアプリケーション
?Xercesを利用したXMLプログラミング
?Axisを使ってWebサービスを作る
という内容が中心です。インストール、設定、ソースコードの説明です。その他のオープンソースについては、少々というレベルです。

どれも「こんなことが、できるんだ!」という紹介レベル、入門レベルの内容だと思います。字も大きくて、読みやすし、わかりやすい本でした。
 
入門者向け
Java関連では、数多くのオープンソースプロジェクトが存在しています。これは嬉しいことです。しかし、どんなプロジェクトが存在し、どのように使用するのか…という事が分かりづらいのが現状です。

そんな時におすすめなのがこの本です。

オープンソースプロジェクトの1つであるEclipseをメインとし、それに関する数多くのプロジェクトを扱っています。しかも、図が多いので、簡単に理解することが出来るでしょう。

ただし、数多くのプロジェクトを扱っている分、1つ1つの内容は薄い物となっています。この本で、興味のあるプロジェクトを探し、更に深く知りたい場合は自分で他の資料を調べる…という使い方がベストなのではないでしょうか。

広く浅い内容のため、Javaやeclipseの入門者には最適な本です。これからeclipseを使ってみようと思う方は、持っていて損のない1冊です。
 
情報量が多いようでたいした情報が少ない
1.エクリプスのGUIプラグインがいくつかでているにも関わらず、一切書いていない。
2.UNIX系ユーザーを完全に無視している。
この2点以外は、他のレビュワーの方とほとんど同じ意見です。
 
Javaオープンソース徹底攻略―Eclipse,JBoss,Tomcat,Strutsから最新のXML/WebServicesまで
タイトル:Javaオープンソース徹底攻略―Eclipse,JBoss,Tomcat,Strutsから最新のXML/WebServicesまで
定価:\3,360
発売日:2003/12
著者:岡本 隆史, 吉田 英嗣, 山口 卓也, 樋山 大輔
出版社:ソフトリサーチセンター
形態:単行本
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 07:47:15 時点のものです。

スポンサード リンク

TOMCATの本

Javaフレームワーク・ツール特集

Java初心者のための入門書

その他 Java 関連




Javaによるシステム開発などSEに役立つ本の特集
in association with amazon.co.jp