J2EEの本

J2EEチュートリアル (The Java series)

 
EAIに関するStandard 第1世代のバイブル
JCA(J2EE Connector Architecture)のキーコンポーネントであるResource Adapterの仕様に関するおそらく最初の技術解説書です。Resource Adapterを開発するシステム開発者にとっても、またそれをアプリケーションから利用するJ2EEコンポーネントの開発者にとっても、システムあるいはアプリケーションレベルからコネクション管理、セキュリティ管理、及びトランザクション管理の仕組みを理解する上で、本書は非常に有益です。

J2EE環境でのEAI(Enterprise Application Integration)の優位性や将来性が語られて久しいですが、EIS(Enterprise Information System)の統合に不可欠なコネクション管理やトランザクション管理がProprietaryでなくStandardとして解説されたことは今迄に無かったと思います。本書の真価はまさしくこの点にあると言えます。更に、本書の末尾にあるIBMやBEAの開発技術者からの寄稿部分には、今後JCA 2.0に取り込まれるであろう幾つかの拡張機能が先取りした形で解説されており、EAIやWeb Servicesがいよいよ本番を迎えつつある事を十分に予感させてくれます。

Web Application Serverを用いるEAIの実現を目指す技術者にとって、本書は「Standard第1世代のバイブル」になり得る良書だと思います。

最後に、敢えて一つ欠点を挙げれば、Application ServerとResource Adapterとの間の(システム)インタラクションを解説している部分に、かなり重複した解説が見られることです。この重複は中級以上の技術者には冗長だと思われるかもしれませんが、極めて重要な事(「真」です)なので、意図的に繰り返し解説されているのだと好意的に受け止めましょう。

更にあれも解説して欲しかったと欲を言えばきりがありませんが、本書の Ratingは4.5以上のレベルにあるので、最高の5とします。 Good Luck、Good Reading!
 
J2EEが網羅されている
J2EE1.3で使われている技術について、EJB2.0なども含めてひととおり網羅されています。
読みこなすには難しい部分もありますが、手元にあってよい本かと思います。
ただ、使ってみたり、他の書籍から情報を得ないと難しいところはありますね。
 
J2EEチュートリアル (The Java series)
タイトル:J2EEチュートリアル (The Java series)
定価:\5,040
販売価格:\5,040
発売日:2002/07
著者:ステファニー ボドフ, キム ハース, モニカ ポーラン, デール グリーン, エリック ジェンドロック, ベス スターンズ, サンマイクロシステムズ
出版社:ピアソンエデュケーション
形態:単行本
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 07:47:16 時点のものです。

スポンサード リンク

J2EEの本

Javaフレームワーク・ツール特集

Java初心者のための入門書

その他 Java 関連




Javaによるシステム開発などSEに役立つ本の特集
in association with amazon.co.jp