仮面ライダー 龍騎 DVD特集

仮面ライダー 龍騎 Vol.7 [DVD]

 
13人目登場!
仮面ライダー龍騎Vol.7では、自ら自分が13人目と名乗る仮面ライダーオーディンの登場や、仮面ライダー王蛇が、仮面ライダーライアの契約モンスターを、メタルゲラスと同様に契約してしまう。そして、3体のモンスターを合体させてジェノサイダーの出現など、見所満載の1本です。買って損はないでしょう。
 
仮面ライダー13号、登場
この第7巻では自ら「13人目の仮面ライダー」を名乗る
仮面ライダーオーディンが登場する、第27話「13号ライダー」と
第28話「タイムベント」が見ものです。
龍騎・ナイト・ゾルダ・王蛇の4人のライダーを片手で退けるその
実力は計り知れません。
事実上のラスボスとして、その存在をアピールします。

第25話で初登場する王蛇のキメラモンスター・ジェノサイダーも
必見です。もっと活躍すれば星5つだったのですが…(笑)
 
13人目のライダー、オーディンが登場!
 第25〜28話が収録される『仮面ライダー龍騎』DVDシリーズのVol.7。
 第25話では、浅倉威(王蛇)の弟が登場します。浅倉は、弟に会えば「変われるかもしれない」と、OReジャーナルノ記者、令子に打ち明けます。弟との再会を果たした浅倉は・・・?
 第26・27話は、シリアス7割、コメディー3割といった内容だと思います( ^^;)。26話では、真司がライダーのみんなを変えようと、行動を起こします。しかしある騒動が切欠となり、真司はライダーとしてどうあるべきか考え直します。真司の餃子と吾郎ちゃん、大久保編集長とメロンにもぜひご期待ください(笑)。27話では、1人の少年が蓮の変身を目撃してしまいます。それに対して真司と蓮はどう行動に出るのか?そしてついに、13人目の仮面ライダー、オーディンがライダーたちの前に姿を現します。
 第28話では、オーディンがタイムベントを使い、真司がドラグレッダーと契約する前に戻ってしまいます。『龍騎』では初演出となる鈴村監督の、気合いの入った演出にも注目です。

 映像特典には、須藤刑事(仮面ライダーシザース)を演じた木村剛さんのインタビューも収録されています。
 
・・・お前は俺が守る・・・
・第25話・
「弟に会えば変われるかも知れない。」
その言葉を信じ、浅倉の弟、暁を探す令子。そして
感動の再会。のはずだったのだが・・・
仮面ライダーライアの契約モンスター「エビルダイバー」を従わせ、ついに現れる融合モンスター「ジェノサイダー」
圧倒的な強さを持つ王蛇&モンスターに3人のライダーは・・・

・第26話・

人は変われる。そう信じる真司は、「ある意味浅倉より難しい」と言う北岡の下を訪れる。説得をしようとするがなかなか受け入れてもらえず、言葉巧みに秘書にされてしまった。
モンスターとの戦いは腕を怪我しているゾルダのカードを龍騎が使う。
現れた武器を龍騎は使用できるのか?

・第27話・

蓮が変身する場面に遭遇した少年。カッコいいとライダーに憧れ??蓮にまとわりつく。
前回食べた餃子の作り方を教えてもらいにきた吾郎と共に、ライダーの戦いを見せられた少年は・・・
トリックベントの分身ナイト見ていて楽しい。4人のライダーが戦う中、黄金の光を放ち現れた13人目のライダー、オーディン。
オーディーンの目的は?正体は?

・第28話・

突如現れた仮面ライダーオーディン。
「少し修正が必要になった」と、タイムベントを使い時間を戻してしまう。
ドラグレッダーと、契約する前まで戻った真司は歴史を変えてしまおうとするが・・・
オーディンの言う修正とは?

27話〜28話放送中に上映された「劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL」

まだ見てない方は今、見ることをお勧めします。8月にはディレクターズカット版が発売されますが。。。
 
TVドラマ史上、最高傑作の総集編回
仮面ライダー龍騎が終了してから五年過ぎるが、何度見直しても飽きの来ない内容である。
特にこの巻に納められている28話「タイムベント」は凄まじい。
いわゆる前半のおさらい総集編なのだが、きちんとストーリーの一部として
機能しているばかりか結末や事件の真相、最終回の大きな伏線になっているのである。
オーディンの時間修正によって過去に戻される世界。
真司は今まで体験した歴史を改変しようとして運命を変えようとするのだが・・・。
ラスト、真司の「今まで死んでいったライダーの命の重さが二倍になった」は名言。
ここまで感動させてくれたドラマ(アニメ含む)総集編は正直言って、無い。
総集編のリピートを上手くストーリーに組み込んだ傑作だと思う。
同じく総集編の傑作である新世紀エヴァンゲリオン拾四話「ゼーレ、魂の座」に較べて
世間には知られていない話だがamazonレビューに特記したい。

他にも
兄弟再会ドラマのパターン破りをした浅倉、真司に関わる事で人間的に変わっていく北岡、
ライダーバトルに関わってしまった子供に見せた秋山の不器用な優しさなど
人間ドラマは本当に濃いです。
特に浅倉の心の焦燥感と闇は今(2008年)の風潮とシンクロしている感がある。

普通ならダレるはずの長編ドラマ折り返し点で捨てドラマが一回も無いのが
このドラマの勢いを感じる。
平成ライダーシリーズで一番ノッていた時代だったのだと痛感する。

 
仮面ライダー 龍騎 Vol.7 [DVD]
タイトル:仮面ライダー 龍騎 Vol.7 [DVD]
定価:\6,090
販売価格:\6,090
発売日:2003/06/21
形態:DVD
在庫状況:在庫あり。
出版社:東映ビデオ
特撮(映像)
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 07:47:20 時点のものです。

スポンサード リンク

仮面ライダー 龍騎 DVD特集

仮面ライダー シリーズ DVD 特集

超全集


過去から現在までの仮面ライダーを網羅!仮面ライダーシリーズ特集
in association with amazon.co.jp