仮面ライダーBLACK DVD特集

仮面ライダーBLACK VOL.5 [DVD]

 
これは現代の「英雄神話」である
 ゴルゴムとの戦いには勝利し、人類の自由を守り抜いた。しかし光太郎に残されたものは何一つなかった…。
 自らの意志とは関係なく、生まれながら改造人間となることを定められていた。ゴルゴムの世紀王となることは首尾よく免れたものの、そのために人類の命運を賭けた戦いを一人で背負わなければならなくなり、果ては地獄王子シャドームーンと化した信彦と戦わなければならなかった―そんな数奇な運命を生き抜いた光太郎・仮面ライダーブラックには、ある意味で「神話の英雄」を思わせる相貌があると思います。
 E. ノイマン『意識の起源史』あたりを読むと、「英雄は二人の父ないし母を持つ」「双生児の敵対」「英雄が敗れて海に没し、鯨の体内に呑まれ、世界は闇に包まれる」など、英雄神話に見られる多くのモチーフが、『BLACK』に見事に反映されているのを見て驚かされます。まさに「現代の英雄神話」と呼ぶに相応しい壮大な作品でした。
 
そんな小難しい事を考えなくとも
光太郎が一人で走り去る姿はライダーが好きな者にはずっと心に残ります。でもシャドームーンが海にBLACKを投げたのとクジラ怪人の看病に無理があるのでマイナス星1です(今でも)。
 
我が永遠のヒーロー!!
素晴らしくかっこいい!!そして涙なしでは見ることができない不朽の名作(ノ_<。)ビェェン
光太郎(ブラックサン)と信彦(シャドームーン)昔からの兄弟のような二人のあまりにも残酷な決闘の宿命(;_;)男の子はいちどは見るべしO(`ヘ')O
 
ライダー史上壮絶な終わり方
この巻収録の47話「ライダー死す!」は平成では当たり前(?)になった「ライダーが死ぬ」
というシチュエーションを書き出しましたが、平成よりもショッキング。

作中何度も取り上げられた「改造人間の苦悩」はライダー=改造人間ではなくなった平成でも
登場しますけど、本作と「RX」で改造人間としてのライダーと言う設定が最後になって
しまったのは残念です。クウガの放送が決まった際、倉田さんは「今のライダーは楽で
いいね」と言っていたが。
それと本作がだいぶ前に作られた作品とは思えないほどアクションシーンがたくさんあって
楽しめました。倉田さんはイケメンライダー役者の元祖と言われているそうですけど
ルックスだけじゃなく平成勢とは違って派手なアクションをしてくれるのが好印象でした。
ドラマ重視でアクションをしない平成勢は昭和の役者さんを見習って欲しいです。
 
クジラ怪人
クジラ怪人の命のエキスによる看病は、ちょっとストーリー的に受け入れがたい物がありました。しかもその回はほぼ回想シーンによる総集編みたいなものだったし。

バトルホッパー絡みのシャドームーン戦は見応えがあります。しかし、最後にバトルホッパーにしゃべらせる必要はなかったような。

ラストの創世王との決戦は、若干しょぼいでしょうか。まあ、創世王自身が死の間際でしたけど。
どうせなら、創世王をシャドームーンが倒し、そのシャドームーンをブラックサンが倒すというような流れのほうが、光大郎のやるせなさが倍増したかもしれません。
 
仮面ライダーBLACK VOL.5 [DVD]
タイトル:仮面ライダーBLACK VOL.5 [DVD]
定価:\6,300
販売価格:\5,304
割引価格:\996
発売日:2005/04/21
形態:DVD
在庫状況:在庫あり。
出版社:東映ビデオ
特撮(映像), 倉田てつを, 井上晴美, 田口あゆみ
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 07:47:20 時点のものです。

スポンサード リンク

仮面ライダーBLACK DVD特集

仮面ライダー シリーズ DVD 特集

超全集


過去から現在までの仮面ライダーを網羅!仮面ライダーシリーズ特集
in association with amazon.co.jp