仮面ライダーBLACK RX DVD特集

仮面ライダーBLACK RX VOL.2 [DVD]

 
新時代への布石
現在の特撮では当然になっていますが、
この巻では二段変身が初登場します。
よく、RXに対する批判で「RXが強すぎる」というのを耳にしますが、
その大きな理由の一つは、この二段変身が関わっていると思います。
当時ではまだ斬新すぎた為、時に強く描きすぎてしまっているきらいも
見受けられます。(個人的にはそこがまた好きなのですが……) 
とはいえ、「クウガ」に始まる平成ライダーや「ティガ」から始まった平成ウルトラシリーズにおいて当然のように二段変身が行われるように
なったことから、RXで試みられた挑戦は日本特撮において大きな
ターニングポイントとなったのではないかと思います。

また、この巻では前作である「BLACK」で人気のあったシャドームーンが再登場します。この辺りもまた賛否両論のわかれる所ですが、
番組中盤を大いに盛り上げてくれました。
映像特典にはイベント映画である「仮面ライダー世界を駆ける」が
収録されており、面白さよりも整合性が重視されている現在では
見られない夢の競演が見られます。等、この巻はRXという作品を知る上
では欠かすことの出来ない(というよりはこの巻が一番RXという作品のカラーを強く反映してる)巻なので是非、観ることをお薦めします。
 
『RX』独自の魅力は本巻から
『RX』という作品の魅力を味わうには、むしろこの第2巻から入ったほうがよいでしょう。第1クールは「光太郎のキャラが必要以上に軽く、三枚目に描かれている」「苦戦が続き、RXへのパワーアップが実感できない」「決め技がリボルケインだけで、戦闘パターンが単純すぎる」など明らかに迷走が見られました。『ブラック』との差別化は至上課題だったとはいえ、この時期には『RX』独自の魅力を発揮できたとは言いがたく、本作の評価が下がる原因になりました。
ロボ・バイオライダーへの2段変身が導入された本巻から、ようやく良質のヒーロー・エンターテインメントとしての真価が発揮されたと思います。これによって「圧倒的に強いヒーロー」としてのRX像が確立し(これほど負ける気がしなかったヒーローも珍しい)、その多彩な武器や能力に釣り合うように、バラエティに富んだクライシスの幹部・怪人たちの魅力も引き出されてきました。光太郎のキャラクターも、前作よりは明るくなったものの、むしろ「歴戦の勇士」にふさわしいものへと描き直されましたが、これは相棒・霞のジョーの登場で、コメディ・リリーフも彼が引き受けたことが大きい。
 またシャドームーン復活編とその前話はブラック時代のシリアスな雰囲気が復活しており、前作の「世紀王」とはうって変わった、アウトローの一匹狼という新たなシャドームーン像を描きなおしたことも意義深い(ただし、この雰囲気を存分に味わいたい人はその直後のエピソードは見ないほうがいいです。予告編の段階から)。
 
必要なのは爽快感
「RX」はリアルタイムでみていたことがあるとはいえ、殆ど内容を覚えて
いなかったのですが、アクションの派手さにヒーローらしい主人公に個性的な
クライシスの4大軍団長と改めて見ると平成以上に面白いかも?

この巻からフォームチェンジ登場。ファンの方が仰られたように蒼の変身・
バイオライダーの液体化能力とビームなどをすり抜ける能力は反則。
それ程当時はフォームチェンジの概念は斬新だったのでしょう。
RXのフォームチェンジがあったから平成仮面ライダーのフォームチェンジ、
究極変身が登場したと言っても過言ではない?
手柄を取り合うことはあれど結束力の強いクライシスの4隊長とか、厳しい
ところと部下を庇う所を使い分けるジャーク将軍といった敵側のドラマは
平成版で「世界征服を狙う悪の秘密結社」の存在が皆無に近いので却って
新鮮。

22話は前作のライバル・シャドームーンが再登場。前振りとも言える話
だった21話やこの22話を見ると変わり果てたとは言え、友を手にかけた
ことが光太郎に暗い影を落としていることがわかります(前作は未見ですが)。

白倉伸一郎氏は東映入社時にこの作品を批判したそうですが、ある種の
ご都合主義が話を作っていたり、光太郎のヒーローらしいところは見ていて
スカッとします。子供番組に必要なのは小難しいネタではなく爽快感です。
 
ロボライダー・バイオライダー登場編は最高!
マリバロンの策略でひとみちゃんがガロニア姫の替え玉にされてしまう話から始まるロボライダー・バイオライダー登場編は、倉田てつをさんの演技ももちろんいいですが、高畑淳子さんのマリバロンの悪女ぶりが光る意味でも大傑作!
特に捕まってしまった霞のジョーと茂くんを変身して助けようとした光太郎さんを、地下の牢獄に閉じ込めた後の高笑いは強烈に記憶に残ってます。
そしてその直後ロボライダーの能力も通じない極限状態の中で、怒りの叫びをあげて光太郎さんがバイオライダーに初変身し、トリプロンを瞬く間に倒してしまうところは、挿入歌の効果もあって最高にかっこいいシーンですね!
その直後の話も、光太郎さんとジョーの連係プレーが見ものです。
 
仮面ライダーBLACK RX VOL.2 [DVD]
タイトル:仮面ライダーBLACK RX VOL.2 [DVD]
定価:\12,600
販売価格:\9,832
割引価格:\2,768
発売日:2005/06/21
形態:DVD
在庫状況:在庫あり。
出版社:東映ビデオ
倉田てつを
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 07:47:20 時点のものです。

スポンサード リンク

仮面ライダーBLACK RX DVD特集

仮面ライダー シリーズ DVD 特集

超全集


過去から現在までの仮面ライダーを網羅!仮面ライダーシリーズ特集
in association with amazon.co.jp