仮面ライダーカブト DVD特集

仮面ライダーカブト VOL.1 [DVD]

 
面白いような面白くないような・・・
ストーリーの内容は相変わらず、訳が分からない。もういい加減勧善懲悪にするか、仮面ライダーから去ってほしい。ファンを傷づけているいるのが、未だに判らない企業にはホトホト失望です。あと、主人公の傲慢で自信過剰な性格は、ダメ。仮面ライダーは子供の模範であるべき。あれでは子供に悪影響である。本来は、星1であるが、一様ファンなのでおまけで星2。
 
第4話は素晴らしきエピソード!
加賀美とその弟・亮の兄弟愛を描く素晴らしき感動エピソード、第4話"愛を説く!!"(ラテ欄タイトルより)は今まで見た劇場作品含むライダーで一番の感動エピソードです。(ストーリー序盤で家族愛を描く作品も珍しい)2年前、もう一度夢を追いかける事を約束し、またそれと同時に弟が失踪したあの日。そして現在、初めて受け入れる弟の死…。雨の中野球ボールを握りしめ泣き叫ぶ加賀美のシーンが印象的。「人は人を愛すると弱くなる。でも恥ずかしがる事はない…」天道のこのセリフはまさにこのエピソードに相応しいお婆ちゃん語録です。涙無しでは見られません。是非ご覧下さい!
 
仮面ライダーカブト、最高!
さすが、仮面ライダー35周年にふさわしい作品だと思います!
カブトを馬鹿にする人は観ないでください。ファンの人に失礼ですから。
カブトファンの人は絶対観るべし!
ぜひ、続編をやってください!
 
パターンが決まってしまっているのが残念
平成仮面ライダーシリーズは、ブレイド、ひびき、キバ以外はすべて視聴済み。主人公が今までのキャラと違い完璧人間である点は面白いと思う。
ただし、このシリーズは正直長いだけにパターンが悪い意味で確立してしまっている。特に気になる点が3つある。
1つはドラマを重視したために敵のボスが昔のシリーズと違いインパクトが弱い。平成ライダーシリーズで印象に残っているラスボスがいない。この作品も例外でなく、登場回数も少なく最終回で簡単にやられてしまう。
2つ目は登場キャストを多く写すために戦闘シーンが短く、変身がすぐにとけてしまう。敵と戦っていると簡単にベルトが外れ、人間に戻ってしまう。
3つ目は、話の流れが決まってしまっている点が挙げられる。具体的に書くと、戦闘→オープニング→戦闘がすぐに終わる。(変身がとける)→ドラマシーン→CM→ドラマの続き→戦闘シーン→次回予告といったパターンである。ドラマの合間に戦闘シーンがある場合もあるが、前述したとおり、すぐに変身がとけて人間になってしまうのでアクションシーンの面白さが十分楽しめない。
ドラマも謎が多いといえば聞こえは良いが、実際は大した内容ではない。少なくとも一年間引っ張るほどのものではない。平成ライダーはほぼ例外なくこのようなパターンで展開するので初代のクウガから見ている私から言わせるとワンパターンで飽きが来る。
長く続くシリーズの宿命ともいえるまんねり化が悪影響を及ぼしているので、いったんシリーズを中止して、充電期間を設けたほうが良いと個人的には思った。
 
カブトの最盛期かもしれない
私は平成ライダーでも一番カブトが好きだが、そんな私でもガタック登場偏以降には不満が多いです。
しかしこの1巻の頃はかなり気合い入っています、安心してオススメできます。アクションやCGは平成ライダー1の出来だと思います。まぁとにかくカブトがカッコ良すぎます。
 
仮面ライダーカブト VOL.1 [DVD]
タイトル:仮面ライダーカブト VOL.1 [DVD]
定価:\6,090
販売価格:\5,231
割引価格:\859
発売日:2006/08/04
形態:DVD
在庫状況:在庫あり。
出版社:東映ビデオ
特撮(映像), 水嶋ヒロ, 佐藤祐基, 里中唯, 永田杏奈
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 07:47:20 時点のものです。

スポンサード リンク

仮面ライダーカブト DVD特集

仮面ライダー シリーズ DVD 特集

超全集


過去から現在までの仮面ライダーを網羅!仮面ライダーシリーズ特集
in association with amazon.co.jp