Java入門 ゲーム・プログラミング PHP Perl Oracle
TCP/IP オライリー 人気著者の本    

ロールプレイングゲームプログラミング

発売日:2001/09
出版社:ソフトバンククリエイティブ
著者:坂本 千尋
定価:\2,730
形態:単行本
ロールプレイングゲームプログラミングについてのさらに詳しい情報はこちら!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 06:40:26 時点のものです。
C++の知識は必要だがゲーム作成としては入門者向け (2006/04/12)
評価:

RPGの種類はクォータービュー型のシミュレーションRPGに限定。
スクロールなし。入力は主にマウス。
描画はDirectXは使わずにDibで処理。読込、合成、簡単なエフェクトのかけ方など解説。
ゲーム部分解説は戦闘がメイン。座標系管理や移動アルゴリズムなど。
シナリオ部分に関してはイベントスクリプトの作り方など。簡単な構文解析の説明もあります。
どの処理に関してもあまり深く掘り下げず(良い意味で)基本的な説明。

MFCっぽいコーディングスタイルですが(ツール以外は)MFCには依存してません。
ので、MFCに慣れた人にはとっつきやすいと思います。

アニメーション以外のほぼすべての処理がイベントドリブンで実行されるため
あまり垢抜けたゲームプログラミングという印象は感じられませんが、
ゲームプログラミングの初めのステップとしては理解しやすいのかもしれません。
STLの知識がちょっとだけ必要。

初心者には難しい・・・ (2005/08/15)
評価:

 C++を全く勉強した事の無い人は、この本を手にするのは避けるべ
きでしょう。なので、この本を手にする前に、以下の項目を参考まで
に確認しましょう。

・C++言語を勉強した事が無い。又は、知らない方。
・Windowsプログラミングを勉強した事が無い。又は、知らない方。

 ある程度の事は、書籍内でも説明や記述がされていましたが、上記
の2項目のどれかに該当する人は、それぞれ足りない知識を身につけ
てから手をつけるべきです。

 紙面の関係なのでしょうが、RPGについての定義や設計が少々物足
りなく感じるかも知れません(自分は満足でした)。
 気になるシステムですが、大雑把に言って、アドベンチャーパート
とクォータービューのSRPG風戦闘画面パートの2つがあります。
 少しずつ順を追った説明に一貫しているので、とても参考になります。

 それと、注意すべきは「VC++対応」と言う事です。

ゲームプログラミングに興味があるなら。 (2004/03/11)
評価:

ゲームシステムの設計から解説があり、ロールプレイングゲームを開発するにあたってどのようなシステムにすればよいのか、また、どのような処理をすれば良いのかというような感じで順序良く解説してありとても役に立った。
ロールプレイングゲームに限らず、ゲームプログラミングをするなら手元にあって損は無いと思う。

RPGが作りたい人は必見! (2002/03/25)
評価:

この本は、シミュレーションRPGを題材にプログラミングを覚えていくという内容になっている。サンプルとしてついてるCD-ROMにも作成したゲームがついていて、読者が実際に自分で作りながらゲームを体験することもできるようになっている点がとてもおもしろい。また、RPGを作る上でプログラム以外にも必要な画像作成、ストーリーなども解説がされていて、一冊で何役もこなすお勧めの本です

使いやすさ抜群 (2001/10/24)
評価:

一般的なRPGを実際に見ながらVisualC++を用いて作るという方法を取ってます。図とそこへ矢印などを使っての解説があり、初心者にわかりやすくなってました。はやく自分のオリジナルRPGが作れるといいなと思わず考えてしまいます。

ロールプレイングゲームプログラミング」関連商品
3DRPGプログラミング (C magazine)
プログラミング初心者から職業プログラマーまで役立つ書籍を紹介!

懐かしの特撮から最新特撮情報まで  人生をもっと豊に楽しく!