Java入門 ゲーム・プログラミング PHP Perl Oracle
TCP/IP オライリー 人気著者の本    

Windowsゲームプログラミング (Game developer)

発売日:2004/05
出版社:ソフトバンククリエイティブ
著者:赤坂 玲音
定価:\2,730
形態:単行本
Windowsゲームプログラミング (Game developer)についてのさらに詳しい情報はこちら!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 06:40:25 時点のものです。
結構わかりやすいと思います (2009/01/12)
評価:

ゲームプログラミングに興味があって買いました。ある程度プログラム(C言語の基本的なこと)を勉強したあとに読むといいと思います。ウィンドウを表示させることから始まり,そこから少しずつプログラムを付けたし変更しながら解説しているのでとても分かりやすいです。またサンプルプログラムも変更,追加する部分だけではなく,一つ一つのプログラムがincludeから最後まで書かれていてとても見やすく、実行結果も表記しています。たぶん一つ一つサンプルと結果を載せている本としては珍しいものだと思います。

ゲームプログラミング特化のAPI本 (2008/08/16)
評価:

馴染みやすい文章で、非常に読みやすいです。
複雑なAPI群が、これだけ噛み砕かれている点は、評価に値します。

2Dゲームプログラミングをするなら、APIリファレンスはこれ一冊で大丈夫です。
GUI処理も、覚えられます。

"ゲーム"は外して (2008/01/30)
評価:

Win32APIの入門から中級の入り口ぐらいまで、
非常に分かりやすく書かれていると思います。
予備知識としてはCがひと通り分かっていれば良く、
開発環境も高価だったり複雑だったりするものを揃えなくて済みます。
これでゲームがバリバリ作れるようになるかと言うと、ちょっと疑問ですが、
「Windowsプログラミング」の本だ、と思えば現時点でベストに近いかも?


APIを学びたい人向けの本 (2007/10/14)
評価:

ゲーム製作をする前に、まずAPIを学びたい人向けの本です。

APIの便利な機能を広範囲にわたって紹介しているので、
これ一冊でAPI利用に関する知識がいろいろ学べます。
FPSの制御と誤差についても触れています。

ただ書名のWindowsの方はよく学べるものの、
アルゴリズムの紹介が少ない為、ゲームプログラミングについては、
あまり学べないのが残念です。

どちらかというと書名を「ゲームプログラミングのためのWindows API」
もしくは「Windows API for Game Programming」にした方が
内容には合っている気がします。

ゲームってタイトルですが (2006/03/28)
評価:

私は趣味でゲームも作りますが
ゲーム開発目的ではなく、GDI周りやWin32APIの復習用に
この本を手にしました。
まだまだWin32APIは現役で、忘れていることも多く
たまに手にとって必要な箇所だけ斜め読みしています。

ゲーム開発というと、Windowsでは
DirectXを扱ったものを真っ先に連想するのですが
Windowsアプリ開発の基礎を学んだ上で
その先のDirectXなり他のSDKの習得に進まれた方が効率が良いと思います。

ゲームに限らずWindowsアプリを開発されるのであれば
Win32APIを利用するシーンにきっと出くわすと思います。

とりあえずC言語を使えることが前提となります。
Windowsアプリ開発の基礎を学びたい方にもおすすめです。
タイトルは【ゲーム】ですが、これに限らずとも役立つ本です。

Windowsゲームプログラミング (Game developer)」関連商品
ゲーム開発のための数学・物理学入門 Beginning Math and Physics for Game Programmers
ゲームエンジンプログラミング GAME DEVELOPER
猫でもわかるゲームプログラミング
プログラミング初心者から職業プログラマーまで役立つ書籍を紹介!

懐かしの特撮から最新特撮情報まで  人生をもっと豊に楽しく!