Java入門 ゲーム・プログラミング PHP Perl Oracle
TCP/IP オライリー 人気著者の本    

ゲームプログラミング練習帳―「Borland C++ Compiler」「Visual Studio.NET」「Visual Studio」対応 (I・O BOOKS)

発売日:2003/08
出版社:工学社
著者:宍戸 輝光
定価:\1,995
販売価格:\1,995
形態:単行本
在庫状況:在庫あり。
ゲームプログラミング練習帳―「Borland C++ Compiler」「Visual Studio.NET」「Visual Studio」対応 (I・O BOOKS)
こちらから購入できます!

1,500 円以上なので送料無料
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 06:40:36 時点のものです。
ビットマップに関する本 (2007/04/26)
評価:

ビットマップに関する知識が取り入れられている本です。
ただ、ゲームで使うビットマップの知識ですので、普通に画像を表示したい人は無駄な本です。

LoadBitmapやLoadImageでビットマップを読み込みできるし、BitBltがあればたいていの画像は処理できるので、ゲームに単純なエフェクトをかけたい人人向けの本です。

あくまで基本的な事柄しか載っておらず、応用的なことは一切載っていないので、DIBをどのように扱ったらいいかわからない人は買っておいて損はないです。

ビットマップ操作の参考書 (2004/09/06)
評価:

C言語を学習するにはC言語の参考書がいいと思います。
Windowsプログラミングを学習するならVC++の参考書がいいと思います。
ゲームプログラミングだけを学習するならまた別の本が良いと思います。
これらに関しては、私も別の書籍で学びました。

しかし、この本で注目すべきはビットマップの仕組みや操作の仕方を丁寧に解説してあることです。

ゲーム作りを通して画像ファイルの操作方法の基本を学ぶことができます。
個人的には知りたい情報の最後のパーツが手に入ったので、助かりました。

解説がもっと欲しい。 (2004/07/16)
評価:

C言語を少しは勉強していて、そろそろゲームを作りたいと考えている人が、ゲームプログ
ラミングの基本を習得するのに適している。
しかし、『Win32 API』の解説の多くがリファレンスを参照すべしとなっているので、書籍
上の解説がもの足りないのが残念なところ。

Webで検索しながらか、Win32 APIのリファレンスを別に購入したうえで、この書籍を利用し
たほうが理解は早いと思います。
読みやすい書籍なので、手元にあっても損はないと思います。

ちょっと解説がね (2004/06/19)
評価:

Win32APIを使ってRPGゲームを作ってみたかったのでこの本を購入しました。
値段も安いし、透過描画の方法や、マップの作成方法などはかなり参考になりました。
しかし、この本を読んでで思ったことが、少し解説がすくなすぎるかな〜と。
突然新しい関数がでてきても、あまり説明がなかったりしたのがちょっと、、

基本的なWin32APIの知識がないとちょっと辛いような気がしたので、星は1つ下げました。

C言語をある程度理解している人の為の本 (2004/03/07)
評価:

C言語を始めたばかりの初心者です。
とある掲示板で
「初心者ですが、ゲーム作りを通してC言語を学ぶ上で良い本はないでしょうか?」
といった問いに対して薦められた本がコレでした。
しかし、いざ買って読んでみると、専門用語の連発・それに対してあまりにも少ない解説・

図解の少ない文字ばかりの内容など、初心者の私にはとても完読できない内容でした。
私見ですが、すくなくとも「独習C言語」という本がひととおり理解できるレベルの方でないと
お勧めできないと思います。

ゲームプログラミング練習帳―「Borland C++ Compiler」「Visual Studio.NET」「Visual Studio」対応 (I・O BOOKS)」関連商品
ゲーム開発のための数学・物理学入門 Beginning Math and Physics for Game Programmers
ゲームエンジンプログラミング GAME DEVELOPER
猫でもわかるゲームプログラミング
シューティングゲーム プログラミング
プログラミング初心者から職業プログラマーまで役立つ書籍を紹介!

懐かしの特撮から最新特撮情報まで  人生をもっと豊に楽しく!